アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

簡単!仕事のスピード・質をUP↑するメモ術~時間の使い方

スポンサードリンク

こんにちは!

 

皆さん突然ですが、

「もっと効率よく仕事を終わらせたいな」

「もっと好きなことに時間を費やせたらいいのになぁ」

と思ったことはありませんか?

 

でも実際には、やらなきゃいけないことが多かったり、作業をしているとあっという間に時間が過ぎてしまって一日が終わってしまう、、、っということが多いと思います。

 

もし、やることを早く終わらせて、好きなことに時間を使えたり、新しいことを始める時間が増えたらどんなにいいことか、、、

 

私は、そう思うことがよくありました。

そんな中で、ある本を読んで自分の生活を変えてみたところ、

 

  • 前よりも自由な時間を作ることができるようになった
  • 時間を有効に使えるようになった

 

と感じたので、今回はそのことについて書いていきます。

 

 

すごいメモ

 

「仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ」

 

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

  • 作者:小西 利行
  • 発売日: 2016/01/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

この本を読んで、時間を有効に使えるだけでなく、意外にも会話力や文章力も身につくようになると感じました。

 

~こんな人にオススメです~

 

やらなきゃいけないことに日々追われている人

今の生活に満足できていない人

人前で話すことが苦手な人

 

 

メモの使い道

 

皆さん、メモといえば何を想像しますか?

 

メモというと、多くの多くの人が忘れそうなことを覚えておくためのものという認識があると思います。ですが、メモには

 

  • 新たな発想を得るため
  • 頭の中を整理するため
  • 考えをまとめるため

など様々な効果を発揮するアイテムにもなるということを学びました。

 

このように、メモは単なる記憶媒体ではなく、物事の効率化を行い、会話力・文章力を身に着ける可能性を秘めたアイテムです。

 

メモを自分の生活に活用すれば、充実した生活が送れたり、目標や夢などが叶うかもしれません! 

 

紙, ブロック, 書きます, メモ, 注意, ペン, オフィス, リスト, 付箋

 

私がしたこと

 

ここからは主に私がしたこと、感じたことを書いていこうと思います。

大きく二つのことをしました。

 

①大切にしたいことをメモする

 

②伝えたいことをメモし、全体像を見る

 

1.大切にしたいことをメモする

 

まず一つ目の大切にしたいことをメモするとは、自分の身に起きた出来事の中で、大切にしたい言葉や本、映画や人と出会ったらメモするということ。

 

人間はすぐ忘れてしまう生き物なので、何もしないで生活しているといつの間にか忘れてしまいます。

 

それって、とってももったいないことではないでしょうか?

 

私は自分の手帳に、普段のスケジュールはもちろん、その日に読んだ本、見た映画、出会った人との会話で、いいなっと思った言葉を記録するようにしています。

 

その際のポイントは、しっかり書くのではなくキーワードだけ、シンプルにまとめること。

 

後で見返したときに、あの時こういうことを言っていたなと思い出すきっかけを作ればいいのです。

 

シンプルだけど、言いたいことの全体をとらえているそんな言葉を言語化できるようになれば、メモとしての質が上がるだけでなく、何かプレゼンをするときや会話するときに「いかにわかりやすく伝えられるか」という面で役に立つと思います。

 

実際にやってみると結構難しいですが、まずは手帳に出来事をメモしてみてもいいかもしれません。

 

2.伝えたいことをメモし、全体像を見る

 

二つ目の伝えたいことをメモし、全体像を見るとは、考えたことや伝えたいことを付箋にメモし、書き出すことで全体を把握するということです。

 

仕事や夢・目標などでいうと、目指すべきゴールが見えているかいないかで行動するスピードに差が出ます。

 

 

ゴールが分かっていると、何を優先的に行えばよいか、ほかに何をやればいいのかを把握でき、より早くゴールにたどり着けます。

 

また、会話でいうと伝えたいことが明確で、話の流れから伝える順序が分かっていれば、相手に伝えやすくなります。さらに、何が必要で、いらないものなのかも判断しやすくなります。

 

伝えることが上手な人は、「何をどう言った順序で話せばわかりやすいのか」という全体像を見る力が身についています。

 

私は、人前で話すことが苦手で、頭では言いたいことが分かっていてもうまく伝えることができません。話した後に「あぁ、こういう風に話せばよかったなぁ」とか「なんでスムーズにしゃべりたいことが言えないんだろう」と後悔することもよくあります(´-ω-`)

 

そこで、最近では言いたいことを事前にノートや付箋に書き出してみてから、話の流れを考えるようにしています。

 

すると、少しずつですがこう話したら分かりやすい、話しやすいなっというのが分かるようになってきました。

 

また、これにより話のストックもできるようになってきました。

 

まだ、急に話を振られた時や意見を述べる機会になったときに、納得のいくような話し方ができていないのですが、癖として早く話の軸を立てられるよう、全体の話の流れを考えたり、分かりやすく要点を伝えれるようにメモを活用していこうと思います。

 

ノート パソコン, コンピューター, ビジネス, テーブル, 紙, 花, バラ, バラの花束, 花束

3.メモの使い方いろいろ 

 

この本では、ほかにもアイディアを生み出すためのメモ思考をすっきりさせるためのメモなど、おもしろいことが多く紹介されています。

 

ぜひ気になった方は、読んでみてください。

 

 

終わりに

 

今回は、「仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ」という本を紹介しました。

 

覚えるためのメモだけでなく、頭を整理するためメモ、考えを明確化するためのメモなど多くの使い道がありました。

 

自分なりの活用法を生み出しても面白いですね。

 

最近時間がないと感じる人や生活を変えたい人、はたまた人前で話すことがうまくなりたいと思っている方への参考になれば幸いです。

 

 

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

  • 作者:小西利行
  • 発売日: 2016/01/19
  • メディア: Kindle版