アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

男性こそ唇のケアを!カサカサにさせないための対処法

スポンサードリンク

こんにちは、aohattoです。


皆さん、自分の唇乾燥していませんか?


最近、自分の唇が、カサカサだなぁと感じてきました。


これを放置すると、血が出たりとか、見た目的にも良くないので、なんとかしたいと思っている今日この頃。


皆さんは、どのようなケアをしてるでしょうか?


今回は、唇の乾燥をテーマに、

 
普段唇のことなんて気にしてないよーっていう人

唇のカサカサ直したいよっていう人


の参考になればと思い書いていきます。

 

 

 

1、唇がカサカサだとどう思われるか

 
以前、スマホの機種変更をしようと電気屋さんに行った時のことです。


とても親切でわかりやすい説明をしていただいた店員さんなのですが、唇がカサカサでそれが気になって話に集中できなかったことがありました。(ごめんなさい、店員さん)


やっぱり、話してる時に自然と見てしまう部分なので、荒れているとあまり良くないですよね。

 
また、自分が感じたってことは、他人が自分を見ても同じことを思ってしまうかもしれないということ。

 
もしかしたらマイナスなイメージを与えてしまうかもしれません。


これって、とっても損してますよね?

 

 しっかりケアして、乾燥から守りましょう! 

 

 

2.どうしてカサカサになるの?

 

では、どうして唇は乾燥してしまうのでしょうか?

 

調べてみると、唇は皮脂膜を作り出すことが難しく、自分自身で潤いを保つことが難しいのです。

 

これは、唇の角層が通常の肌に比べて薄いことが原因です。

 

だからこそ、自分でケアをしてあげないと、どんどん水分が失われてしまうのです。

 

3.カサカサになりやすい習慣

 

自分なりに、カサカサの原因を作っていそうな習慣をまとめてみました。

 

3.1 化粧水・乳液を使っていない

 

まず、一つ目は普段から化粧水・乳液を使っていない人

 

洗顔後、化粧水を使わないと、肌が突っ張る感覚になると思います。

 

あれは、肌が乾燥し始めどんどん水分が蒸発していっているのです。

 

肌でそうだということは、唇はもっと乾燥しているということ。

 

洗顔をした後は、しっかり化粧水で保湿をして、乳液で潤いをキープするようにしましょう。

 

f:id:aohatto:20200221200350j:plain

↑私が使っている化粧水やリップです 

 

 

3.2 唇を触る癖がある

 

2つ目は、唇を触ってしまう癖がある人

 

これは、唇が乾燥するだけでなく荒れてしまう原因にもなります。

 

普段から顔を触らないように意識しましょう。

 

 

3.3 水をのむ習慣がない

 

3つ目は、普段から水分をあまりとらない人

 

乾燥は、肌の水分量の減少から引き起こされます。

 

つまり、普段から水を飲まない人は体の中の水分量も少ないため、乾燥しやすくなります。

 

4.対処法

 

それでは、どのようにして唇をケアするのか書いていきます!

 

4.1 リップを塗る

 

やっぱり、唇のケアといったらリップを塗ることです!

 

乾燥が気になり始めたら、塗るようにしましょう。

 

私もカサツキ始めに塗ったら3日ほどでカサカサが改善されましたよ!

 

 

4.2 こまめに水を飲む

 

2つ目は、水分をとるようにしましょう!

 

普段から水筒を持ち歩き、こまめに水分補給をしましょう。

 

一回に大量に飲まず、少量1時間おきぐらいで飲むといいです。

 

また、飲む量はあまり気にしないでいいと思います。

 

それよりも「こまめに」が大切です!

 

のどが渇いたなと思う前に定期的に飲む習慣を付けましょう。

 

 

 

4.3 マスクを付ける

 

3つ目は、マスクを付けること。

 

これは、保湿の効果があります。

 

乾燥が気になり始めたら付けるといいと思います。

 

また、顔を触る癖のある人には、触らないようにする効果的な方法なので試してみてください。

 

 

4.4 内臓の調子を整える

 

4つ目は、内臓の調子を整えることも有効だそうです。

 

というのも、内臓の不調が唇の色に表れやすいそうなので、唇の色が気になる方は体の不調や体の冷えが原因かもしれません。

 

生活を見直し、改善していきましょう。

 

さいごに

 

今回は、唇の乾燥をテーマに書いていきました。

 

唇のことなんかどうでもいいと思っている男性の皆さん、意外と他人の目に入り、自分の印象を下げてしまうかもしれませんよ!

 

また、口が切れたり血が出たりしては、痛い思いをしてしまいます。

 

そうならないよう早めのケアをして、唇のトラブルを回避しましょう!

 

それでは~。