アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

「東大読書」頭の良くなる人の読書法、思考力が付くための3ステップ

スポンサードリンク

こんにちは、aohattoです。

 

今回は、こちらの本の紹介をしていこうと思います。

 

f:id:aohatto:20200401160828j:plain

「東大読書」

 

こちらは、東大生がどのように考え、どのような読書をしているのかについて書かいている本になります。

 

この本を読んで、改めて東大生は普段から頭を使っているんだなと感じたと同時に、これを読めば、思考力がつく読書法が分かるとも感じました。

 

読書をしても頭に残んないんだよなぁとか

頭の良くなる読書がしたい

という人にぜひ読んでもらいたい本です。

 

 

 

 

身になる読書法とは?

 

皆さんの読書は身になっていますか?

 

読んでみたけど結局わからなかったとか、読んだ直後ですら内容が頭に残っていないなんて経験はありませんか?

 

自分は、読んだ気になって結局どんな結論で、何を言っている本なのかわからなかったことが結構ありました。

 

この本は、そんな人のために頭に残るだけでなく自分の考え・知識として使えるようになる方法が書かれています。

 

思考力が付く3ステップ

 

この本を読んで、じゃあ頭のいい人は結局何をしているのか?というと、、、

 

  • 本を読む前
  • 本を読んでいる時
  • 本を読み終わった後

 

の3ステップで頭を使っていることが分かりました。

 

①本を読む前

 

なんと本を読む前から始まっています。

 

それはタイトルや目次だけをみて、その時の自分の考えをまとめたり、どんな内容が書かれているのかを予想するということ

 

意外とやってみると、これが難しい。

 

最終的に間違っていても大丈夫なので、どんどん付箋やノートに思ったことを書いて残すようにしましょう。

 

読む前にやっておくことで、本の内容が頭に入りやすくなります

 

ここは自分の予想とあっていたとか、全然違ったとかの確認ができるだけでなく、理解度も上がっているような気がします。

 

 

② 本を読んでいる時

 

次に本を読んでいるときは、章ごとの要約をしましょう。

 

ほとんどの本は、いくつかの章に分かれて書かれています。

 

その章を読み終わったら、一度簡単に要約をしてみてください。

 

これをやっていると、長い章も要約を見るだけで内容を思い出せるようになります。

 

キーワードを探しながら読むといいと思います。

 

自分の言葉で書くことで、その時の記憶から内容を思い出しやすくなるのでオススメの方法です。

 

 

③本を読み終わった時

 

 3つ目は、読み終わった後最初に行った自分の考えと本の言っている主張を比較・議論すること。

 

ただ読むだけでは、頭には残りづらいです。自分の考えと比較し、自分なりの答えを導き出すことで知識となります。

 

読む前に考えた予想や自分の意見読んだあとの自分の意見がどう違ったのか、どう思ったのかまで考えることが大切であると思いました。

 

 

付箋を活用しながら読もう!

 

本を読むとき、その時自分が考えた意見や疑問、章の要約などをしっかり紙に残すようにしましょう。

 

本は読み切るのに時間がかかりますせっかく考えたことを読んでいる間に忘れてしまってはもったいないです。

 

思いついたら、すぐ書き残すようにしましょう。

 

付箋を使うと後で見返した時に、本のどの部分でどう思ったのかが分かるので非常に便利です。

 

ぜひ活用してみてください。

 

 

本と対話しよう!

 

この本を読んで学んだことは、ただ情報を入れる受け身の読書ではなく、本と対話する能動的な読書をしようということ。

 

本は情報を提供するもので、そこから理解し、自分の考えを加えることで活用できる知識となります。

 

一方通行の読書ではなく、両者が対話をする読書をしていきましょう。

 

「東大読書」では、もっと理解度を深める方法そもそもどんな本を読んだらいいのかなどたくさん学べることが書いてあります。

 

ぜひ気になった方は読んでみてください。

 

 ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

 「Kindle」なら無料サンプルがご覧いただけます。