アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

理解力が高くなる4つの勉強法まとめてみた!


スポンサーリンク

こんにちは、aohattoです。

 

今回は、お題「私の勉強法」について書いていこうと思います。

 

学生はもちろん、学生時代は勉強していたけど、大人になってからはめっきり勉強しなくなったなぁという方でも、一つの勉強法として読んでいただけたら嬉しいです!

 

それでは、どうぞ!

 

 

 

 

1.自分のノートを作る

 

まず一つ目が、自分でノートを作ること!

 

参考書や授業などから、自分でやり方や要点をまとめたノートを作るようにしましょう。

 

これは、頭の中を整理して覚えるためです!

 

知識をごちゃまぜに覚えるのは、非常に効率が悪いです。

 

また、整理してノートにまとめることで、自分の理解していない点を把握することも可能です。

 

これは、習ったすぐ後にやることをお勧めします。

 

これは、覚えるためというよりは、頭の中で知識の全体を把握するためです。

 

自分が理解出るよう、自分なりの解釈を入れてもいいかもしれません。

 

自分専用のノートを作りましょう。

 

 

自分でノートをつくる!

→△覚えるため

→〇全体像をつかむため・理解するため

 

 

2.演習よりも、繰り返しノートを書く

 

次は、覚えるための方法です。

 

それは、1.で紹介した、自分のノートを繰り返し書いて覚えることです。

 

覚えるためには、やはり繰り返し書くしかないと思います。

 

この時に注意してほしいことが、知識がないまま演習をひたすらやってしまうこと

 

確かに演習も大切!

 

ですが、「自分が何をやってるか」という認識がないまま、問題に取り組んでもあまり意味がありません。

 

特に学生さんに言えることですが、基本の問題はできるけど、応用になったとたんお手上げ状態になってしまう人は、意外と自分が何をやっているかわからないことが多いです。

 

やり方を覚えるよりも、まず先にそこに至るまでの知識、考え方を理解しましょう

 

この時、きっと自分のノートが役に立ってくれるはずです!

 

誰かに説明できるくらいを目安に頑張りましょう。

 

 

覚えるため

→△演習する

→〇自分のノートを繰り返し書く

 

 

3.その日、週末、月末に復習

 

人は忘れる生き物で、忘れやすくなる間隔があります

 

そこで、忘れやすいタイミングで復習することで、忘れにくくすることができます。

 

この時、ただ勉強したことを振り返るのではなく、思い出す作業を大切にしてください。

 

人は思い出そうとするときに、記憶に残るそうですよ!

 

 

4.勉強をする空間を作る

 

最後は、勉強しやすい環境を作るために、勉強をするスペースを決めることです。

 

ここに座ったら勉強する、この時間になったら勉強するなど、勉強をする環境を決めましょう。

 

そうすることで、勉強に集中しやすく、習慣化しやすくなります

 

ぜひやってみてください!

 

 

さいごに

 

今回は、私の勉強法を紹介しました。

 

勉強の仕方はそれぞれですが、少しでも力になれたら幸いです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それでは~!

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ