アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

好印象を与える・モテるには?見た目の影響力がまるわかり


スポンサーリンク

こんにちは、aohattoです。

 

皆さん、相手に好印象を与えるのに大切なことは何だと思いますか?

 

「優しさ」「面白さ」、、、いろいろありますが、もっと大切なものが。

 

f:id:aohatto:20200115195820p:plain

 

それは、「見た目」です!

 

いくら内面を見てもらいたくても、

見た目が怖い人であったり、

なんかつまらなそうに見られてしまっては

自分の本当のいいところを見てもらうことは難しくなります

 

別に顔がカッコよくなくても、可愛くなくても相手に好印象を与えることは可能です。

 

まずは、どのような見た目が相手にどんな印象を与えるかを知る必要があります。

 

 

今回は、こちらの書籍を読んでわかったことを何点か書いていこうと思います。

 

「人は見た目が9割」 著:竹内一郎

 

 

f:id:aohatto:20200115195401j:plain

 

コミュニケーションにおいて、人が相手に伝えているもののうち9割が「見た目」

 

生きていくうえで欠かせないコミュニケーション。

 

そんなコミュニケーションが見た目によって損しないようにしましょう。

 

 

 

 

1.見た目の重要性

 

コミュニケーションには2種類あり、

言葉による伝達をバーバルコミュニケーション

言葉以外の伝達をノンバーバルコミュニケーションといいます。

 

言葉は同じであっても、話す人の見た目によっては、内容が入ってこなかったり、信用できるなと思ったりと印象は変わるものです。

 

この二つを比較すると、ノンバーバルコミュニケーションのほうが伝達力が高くなります。

 

 

ある実験によると、相手の印象を決めるのに話す内容が影響するのは、

なんと7%

 

ほかは、表情であったり声の質で決まるという驚きの事実!

 

いかに、ノンバーバルコミュニケーションが重要かわかります。

 

 

2.自分の顔はどんな印象?

 

自分の顔の形が、どのような印象を与えやすいかを知りましょう。

 

丸顔の人は、明るい、情に流されやすい、行動力がない

 

角顔の人は、意志が強い、決断力がある、短期である

 

など、顔のタイプによって与えやすい印象は様々。

 

自分がどんな印象を持たれているか考えながら、この本を読むといいと思います。

 

 

3.マンガから学ぶ

 

日本独自の文化「マンガ」

 

マンガは顔の形、髪型、しぐさ、表情、さらには背景登場人物の感情が読み取れますよね。

 

マンガ家は、どのような表情、しぐさ、、、がどんな印象を与えるかが分かっています。

 

この本は、マンガのイラストとともに説明が書かれているのでとても分かりやすく、表情などの影響力を実感できます

 

 

4.匂い、間、色も影響する

 

見た目の話に加えて、匂い、会話の間、色なども印象に大きな影響を与えます。

 

「一方的な間では、誰からも好かれない」という言葉が印象的でした。

 

相手と私の心地よい「間」惹きつける「間」というのを意識しなければいけません。

 

 

4.独特な思考を持つ日本人

 

マンガ、俳句、歌舞伎など独自の文化を持っている日本。

 

そこには、日本人の独特な感性があります。

 

これは、これまで話してきた内容と深く関わりがあります。

 

「語らぬ」

「分からせぬ」

「いたわる」

「ひかえる」

「修める」

「ささやかな」

「流れる」   文化

 

この本では、日本人独特な7つ文化についても書かれているので気になった方は、ぜひ読んでみてください!

 

 

さいごに

 

この本を読んで、いかに見た目が大切であるかが分かりました。

 

どんな見た目がどんな印象を与えるのか、人の思考を知り、無意識に損をしてしまう状況を避けましょう。

 

見た目を変えれば印象は変わります!