アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

ヒトの感動はデザインできる!?書籍「感動のメカニズム」


スポンサーリンク

こんにちは、aohattoです。

 

今回は、こちらの本を紹介します!

 

「感動のメカニズム  心を動かすWork&Lifeのつくり方」

 

f:id:aohatto:20191209231513j:plain

 

こちらの本は、タイトル通り「人の感動」について分析し、どのようにして人は感動するのか?また、感動する要因とは何なのか?について書かれています。

 

いろんな研究を基に説明されているので、一度読んだ時はなかなか難しかったのですが、読み返してみると、少しずつ理解できるようになりました。

 

現在、多くの人が利用するお店の会社が、なぜ人を集めるのか、そう言ったところも説明されています。

 

それでは、この本を読んで感じたこと、学んだことなど書いていきます。

 

 

 

1. モノから心

 

まず1つ目は、モノが豊かになった現在、モノを生み出したからといって、人は集まってくるとは限りません。

 

では、何に人が集まるかというと、心を満たしてくれるモノに集まります。

 

例えば、同じ性能のモノでも、デザインがカッコいいモノであったり、同じサービスでも、何か別の付加価値のあるものが選ばれます。

 

また、SNSで発信したくなるようなものなども人気がありますよね。

 

このように、「モノの豊かさ」から「心の豊かさ」に時代は変わっています

 

 

2.幸せには2種類ある

 

幸せには2種類あり、「へドニア」「ユーダイモニア」です。

 

へドニアは、他人との比較で優位性を感じることで幸せを感じます。

 

ユーダイモニアは、安全や健康、愛情など絶対的な価値に幸せを感じます。

 

へドニアは一時的なもので、ユーダイモニアは長期的なものといいう特徴があります。

 

 

3.幸せは分析できる

 

幸せは、4つの要素に分解できるそうです。

 

 

①五感で感じる価値

 

②知見の拡大によって感じる価値

 

③体験の拡大によって感じる価値

 

④関係性の拡大によって感じる価値

 

 

この本では、実際の企業を例に出し分析されているので、わかりやすく面白かったです。

 

感じたことは、人気の企業は上の4つの要素を多く含んでいることです。

 

また、企業によって重視している要素が異なることも理解でき、面白かったです。

 

感動が分析できることにも驚きましたが、感動をテーマにした学問があることにも驚きました。

 

何かを生み出すことや、普段の生活で感動を生み出すヒントになるかもしれませんね!

 

 

4.幸せは伝播し、感動する力はのばせる

 

幸せは人から人へと伝播します

 

幸せを感じている人も周りには、幸せが集まってくるそうです。

 

確かに幸せな人には負の感情はないので納得できますね、、、

 

また、「感じる力を養い、考える力を高めると、行動が伴い、あらたな関係の構築につながる」というように、感動する力は自分でつけることが出来ます。

 

感動するということは、感動させるということにもつながるので、感動する力を付けたいですね。

 

 

5.最後に

 

現代は物が豊かになり、心の豊かさを求める時代へと変わっています。

 

それは、人の幸せ・感動と深く関わっています。

 

この本では、感動を分析することで、感動の仕組み・要素を考え、感動のメカニズムについて述べられています。

 

感動できる人間になるには、また感動させるにはどうすればいいのか、興味のある方は是非読んでみてください!