アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

足の形でわかる!危険な歩き方、正しい歩き方とは? 書籍「究極の歩き方」


スポンサーリンク

 

最近、寒くなり始めそろそろ防寒対策・乾燥対策しないといけなくなってきましたね。

 

皆さんも早めの対策を!

 

 こんにちは、aohattoです。

 

今回は、こちらの書籍究極の歩き方の紹介です。

 

f:id:aohatto:20191027213943j:plain

 

皆さんは、自分の歩き方を気にしていますか?

 

おそらく普段意識しないで歩いている方が、ほとんどだと思います。

 

「足の形」「歩き方」に注目して、100歳まで自分の足で歩くためにはどうすれば良いかが書かれています。

 

正しくない歩き方で、足が変形してしまい痛くて歩けないなんてことになるかも、、、

 

怖いですよね~。

 

今の自分の歩き方・足の形はどうなのか?

 

正しい歩き方について丁寧に書かれているのでわかりやすかったです。

 

私は、靴のすり減り方が気になっていたので買って読んでみました。

 

 

 

 

1.「究極の歩き方」

 

まずはこの本について説明を。

 

こちらの本は、

アシックス スポーツ工学研究所の研究を基に書かれています。

 

アシックスといえば、スポーツ用品で有名ですよね!

 

アスリートだけでなく、多くの人の足を見てきた専門家によって書かれています。

 

その内容は、日本人の足の特徴男女の特徴などと分類されて書かれていて、非常にわかりやすくまとめられています。

 

靴に注目し多くのデータをもとに、アスリートだけでなく日常生活の歩きも含め、いつまでも元気に歩くためには何をすればいいのかについて書かれています。

 

 

2.読んでみて

 

私が読んでみて感じたこと、これから気を付けようと感じたことは、

 

ちょっと速いくらいの速度で

 

靴底の減り具合や足の形から自分の歩き方の癖を見る

 

美しく歩く

 

ということ。

 

他にもたくさん書かれていますが、以上3つのことについて書きます。

 

 

2.1 速く歩く

 

まず、①は、ゆっくりと歩くよりも少しテンポを上げて歩くようすること。

 

この時、軸がなるべくブレないように歩く。

 

速く歩くことで、軽い運動になります。

 

運動の習慣がない人ほど意識して運動を。

 

 

2.2 自分の足、歩き方の癖を見る

 

次に②は、自分の歩き方の癖を見て正しく歩くこと。

 

人は何かしらの歩く癖を持っていて、その癖によって変なところに体重がかかっていると足が変形してしまうんだとか。

 

靴底の減り具合足の形・タイプから、自分がどんな歩き方をしているのか、またその改善点がかかれているので、勉強になりました。

 

 

2.3 美しく歩く

 

最後の③は、②にもつながりますが、美しく歩くこと。

 

美しい歩き方は、足だけ気にしていてもダメで、歩行は全身の運動なので顔、肩、腰などの動きも大切になります。

 

この本には、美しい歩き方とは?についても書かれています。

 

全身の動きによって、重心が動くのでそれが足に現れるの当然のことですよね、

 

肩、腕、腰など体の部分ごとに書かれていて、また体重移動のイメージもイラストで説明されていたのでよくわかりました。

 

また、普段の自分の歩き方を気にしたことがなかったのですが、背中が丸まっていたりしていませんか?

 

美しく歩けるようになりたいですね!

 

 

3.最後に

 

今回は、「歩く」ことについて本を紹介しました。

 

自分の歩きは、普段からなかなか意識しないため、ぜひこの機会に一度意識してみてください。

 

自分の歩き方が気になった方は、ぜひ読んでみてください。

 

いつまでも自分の足で元気に歩きたいですね!