アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

芸術、グルメ、観光すべて堪能できる「倉敷美観地区」~岡山県~


スポンサーリンク

こんにちは、aohattoです。

 

先週、久しぶりの遠出をしてきました。

 

今回は岡山県倉敷です!

 

f:id:aohatto:20191013121403j:plain

 

 倉敷川と白壁の建物が立ち並び趣のある美観地区が有名で、実際に行ってみてとてもきれいでした。

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

 

1.倉敷とは、

 

まずは、倉敷について簡単に調べてみました。

 

倉敷とは、岡山県西側に位置し、観光の街として知られています。

 

その歴史は古く、平安時代の中期から中世まで小野氏によって支配されていました。

 

倉敷の地名の由来は、中世に支配地の年貢米や貢納物を領主に送るために、周辺の支配地からそれを集めておく場所であったためとされています。

 

 美観地区の蔵屋敷は、このころの富を得た商人が立てた蔵だそう。

 

昔から栄えていた地域だということが分かります。

 

 

2.実際に行ってみて

 

それでは、写真とともにいくつか紹介していきたいと思います。

 

2.1 倉敷美観地区

 

まずは、美観地区内の景色から。

 

f:id:aohatto:20191013121438j:plain

 

白壁瓦屋根の建物が、倉敷川をはさんで立ち並んでいました。

 

白の壁と黒の屋根がとても落ち着いた雰囲気で、きれいな場所でした。

 

川沿いに立ち並ぶ柳の木もきれいで、川舟流しを体験している方などがいて、素敵な場所でした。

 

また、この日は天気も良かったので最高でした!

 

f:id:aohatto:20191013121516j:plain

 

2.2 大原美術館

 

次に、大原美術館です。

 

f:id:aohatto:20191013121539j:plain

 

なんと、1930年から開館し、日本で最初の西洋美術と近代美術を展示した美術館だそうです!

 

私は、エル・グレコ「受胎告知」が一番印象的でした。

 

 一枚の絵画から神々しいパワーを感じられ驚きました。

 

たくさんの絵画、彫刻が展示されていて、非常に大きい美術館でした。

 

他にも、新渓園という庭園もありました。

 

f:id:aohatto:20191013121637j:plain

 

中に入ると、畳の和室があり、庭園を眺められます。

 

畳に座ったり、縁側に腰かけ休憩しながら、自然に触れられいい場所でした!

 

f:id:aohatto:20191013121618j:plain

 

木々の葉が揺れ風を感じられたり、池の水の流れる音から清涼感が味わえます。

 

日本の庭園は、人間が気持ちよく感じられるように考えて構成されていてすごいなと感じますね。

 

 

 

2.3 倉敷デニムストリート

 

三つめはデニムストリートです。

 

f:id:aohatto:20191013121731j:plain

 

デニム製品が有名で、パンツから鞄、雑貨まで多くの製品が売られています。

 

きれいな藍色で、可愛いものがたくさんあります。

 

中には、ネクタイ帽子など変わったものもあり、お土産選びに最適なお店です!

 

また、デニムアイスデニムドリンクなど衝撃的な食べ物もいただけるので、ぜひ食べに行ってみてください。

 

 

 

2.4 パーラー果物小町

 

こちらのお店は、岡山の果物をたくさん使ったパフェパンケーキソフトクリームがいただけるカフェです。

 

休憩しながらおいしいものがいただけるのでお勧めです。

 

写真は蒜山(ひるぜん)ジャージーミルクソフトです。

 

f:id:aohatto:20191013121811j:plain

 

お値段350円濃厚なミルクが滑らかに口の中で溶けとてもおいしかったです。

 

 

 

3.場所

 

倉敷美観地区の地図です。

 

倉敷駅からバスが出ています。徒歩だと10分ぐらいです。 

 

 

4.最後に

 

いかがでしたか?

 

今回は紹介していませんが、ほかにもコロッケやかまぼこなど

食べ歩きできるお店や、岡山名物「ぶたかば丼」がいただけるお店、お土産が買えるお店などたくさんあり1日中いられる場所でした。

 

景色もよく、ゆっくり観光ができます。

 

ぜひ一度、行ってみてください。