アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

そのままでいけちゃう!ふわふわ・もちもち「に志かわ」の食パン~池袋西口~


スポンサーリンク

こんにちは、aohattoです。

 

今回は、食パンに関する記事です。

 

この間、池袋で友人にお勧めされて伺ったお店の食パンが、今までに食べたことのないようなものだったのでブログに書いていきます。

 

そのお店がこちら!

 

f:id:aohatto:20190627220210j:plain

 

銀座に志かわ池袋西口店

 

こちらで、購入した食パンが今までの食パンと次元が違うくらいおいしい!

 

なので、食べた感想やそのおいしさの秘密などについて書いていきます。

 

 

 

 

1.銀座に志かわとは

 

銀座に志かわとは、2018年銀座にオープンした、食パンの専門店

 

食パン一筋で商売をしているだけあって、そのおいしさへのこだわりは強く、ほかのパンとは比較ないほどの味・触感です。

 

もはや食パンという名前の別の食べ物を食べているよう。

 

その人気はすごく、予約なしでは購入ができないほど

 

それでは、美味しさの秘密を見ていきましょう!

 

 

2.食パンについて

 

2.1 おいしさのひみつ「お水

 

食パンを作る過程でお水にこだわっている。

 

アルカリイオン水を用いているそう。

 

このアルカリイオン水によって、素材のエキスを引き出し味わい深くしています。

 

さらに、しっとりとした触感やほんのり甘い食パンになります。

 

実際私は、食パンの耳といったら硬いイメージしかなかったのですが、に志かわの食パンの耳は、とても柔らかかったです。

 

 

 2.2 おいしい食べ方

 

に志かわの食パンは、時間とともにおいしさが変化するというのもすごいところ。

 

1日目 焼きたての香りと繊細な触感が楽しめる

 

2日目 しっとりと落ち着き、甘さが増す

 

3日目 トーストして外カリカリ、中もちもちを楽しむ

 

数日間常温で保存ができます。

 

 

3.実際に食べてみて

 

まずはお店を通りかかったとき、焼きたての香ばしいいい匂いが漂っていました。

 

人気で基本予約でしか購入できないのですが、この日は少しのキャンセルがあったようで購入することができました。

 

予約は店頭で行うか電話で行います。

 

 

早速食べてみると、食パンってこんなに甘いのかってくらい甘みがすごい

 

何もつけずにパクパク食べてしまいました(笑)

 

写真は、トーストしたときの写真です。

 

 

f:id:aohatto:20190627220638j:plain

 

あまりうまくは撮れてませんが、カリカリ・もちもちとてもおいしいかったです。

 

 

4.お店の場所

 

今回のお店は、池袋西口店。

 

 

本店は、銀座にあります。

 

 

 

5.最後に

 

いかがでしたか。に志かわの食パンは、触感も味も格が違います。

 

とてもおいしいので、ぜひ一度食べてみてください!