アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

美意識を鍛えることはエリートと関係があるか否か


スポンサーリンク

こんにちは、aohattoです。

 

みなさん、最近美術館に行ったのはいつですか?

 

わたしは、5年ぶり、はたまた更に昔のことだったかもしれません…

 

そのくらい昔のことで覚えていません。

 

そんなわたしが最近美術館に行ってきました。

 

今回は、私が美術館に行こうとした理由とその感想について書いていきたいと思います。

 

まず始めに、私は西洋美術館に行ってきました。

 

休日に行ってきたのですが、意外にも人が多くびっくりしました。

 

絵や彫刻などの芸術を楽しむ方があんなにたくさんいたとは、新しい発見でした。

 

それでは、本題の私が美術館に行きたくなった理由を。

 

それは、ある本を読んだからです。

 

その本とはこちら、

 

「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?」

 

この本を読んで、行きたくなりました。

 

影響受けやすいですよね笑。

 

この本では、世界のエリート、つまり時代を動かしてきた人社会への影響力の大きい人達に共通する点は何なのかについて書かれています。

 

その共通点は、もちろん美意識なのですが、何故必要なのか、時代によって社会がどう変化していったのかに触れ書かれています。

 

一見関係なさそうな美意識が、仕事や趣味など様々な場合において、必要となることに気づかされる本です。

 

ちょっと変わった見方ができるので、ぜひ読んでみてください。

 

そんなわけで、美意識の大切さを感じたので、美術館に行ってきました。

 

次に行ってみての感想は、正直どの絵がすごいとか、これは誰の絵というのが全然わかりませんでした。

 

ですが、構成や表現が美しいということはわかりました。

 

色使いがきれいであったり、微細なところまで繊細に描きあげられている絵は、とても美しかったです。

 

なかには、何なのか全くわからないものもありましたが…それはそれでいいのではないかと、

 

今後、なかなか美術館に通うということはないかもしれませんが、世の中の美しいとされる絵などの芸術に触れていこうと感じました。

 

そもそも美の感性は芸術に普段から触れていないと磨かれていかないと思います。

 

こんかいは、西洋の芸術に触れてきましたが、日本の美も世界に誇れるものです。

 

神社仏閣、庭の文化、海に囲まれ、自然豊かな日本。

 

このように、美に恵まれている日本に感謝です。

 

そして、これからはもっと日本の美に触れていきたいと思います。

 

 

まとめると、美意識の大切さを感じたので美術館に行ってきました。

 

今後は、美の感性を磨くためにもっと美に触れていきたい。

 

皆さんも、美術館に行ってない方は行ってみてください!

 

それでは〜