アオブログ

食べ歩きやおすすめ観光スポットなどの紹介や日記等気ままに書いていきます.

怠惰な生活と音楽の関係〜1ヶ月実験〜


スポンサーリンク

最近、感じていることを書こうと思う。

 

皆さんは、普段から音楽を聴くだろうか?

 

また、どのような時に聴くだろうか?

 

その日の気分に合わせて選曲したり、歌詞の意味を感じながら聴いているのだろうか。

 

私は、もちろんそのように、「この音楽を聴く」という目的を持って聴く時もある。

 

しかし、自分の過去を振り返ってみると、ただ聞き流している場合が多くなってきているなと感じる。

 

例えば、朝起きてとりあえず音楽をかけ流す、通学、通勤の時、電車の中や歩行中に聞き流す。

 

もちろん音楽を聴くが悪いという訳ではない。

 

音楽には、気分をあげたり、気持ちの支えになったりと、すごい力がある。

 

しかし、音楽を流し、聞き流している場合では、テレビやネットサーフィンをして時間を潰す事とあまり変わらないのではないかと感じる。

 

時間がない人は、テレビやスマホを使う時間を減らせという記事、本をよく目にする。

 

これは、音楽でも通用するのではないか?

 

つまり、音楽でもテレビでもなんでも、受動的になってはいけないのではないか?

 

暇つぶしに目に映る情報に時間を費やす。

音楽を聞き流す。

 

このような、受動的な行動が能動的な行動を抑制しているのではないか。

考えることを阻害しているのではないか。

 

実際、音楽を聴きながら、作業したり、歩いたりしている時、私は何も考えていない。

 

しかし、この時間を音楽を聴かずに、何か考える時間、自分を見つめる時間に変換すれば、すぐ次の行動に移れたり、時間を無下に過ごす事がなくなるのではないか。

 

いろいろ考えてみたが、やってみないとわからないので、1ヶ月かけて、行動に移してみようと思う。

 

今回やる事は、

 

1.通学通勤中、音楽を聴かない。

 

2.家にいる時、とりあえずテレビをつける事をやめる

 

3.テレビは1日1時間以上見ない

 

4.スマホも目的なしにいじらない

 

5.作業BGMをかけない

 

このような行動を守って生活してみようと思う。

 

もちろん全く音楽を聴かないという訳ではなく、たまには、どんな音楽が流行っているのか聴くためという目的のもと、音楽を聴く時間は設ける。

 

何かの本で、能動的に動いている人や、時間を無駄にしていない人ほど、残っている時間がないと感じるという記事を見た。

 

自分で考えて、何が必要か考えている人ほど、時間を無駄にする事の愚かさを感じるのだろう。

 

自分に何が必要か、今一度考え行動してみたい。

 

また、1ヶ月後どのように変化するか、書こうと思う。